ダブルライセンス ペースメーカも人工透析も医療は黒く輝

色々あったことを、書きまとめる・・・とりとめのないブログです。 医療従事者には役に立つ・・・ことはないかもしれません・・・。 立つかもしれません。 看護専門学校→看護師→透析病院→臨床工学技士専門学校→臨床工学技士→元の透析病院(看護師として)→今の病院(臨床工学技士 として。)

個人用透析装置の修理。ダメダメだけど頑張ってやってみたよ。

f:id:yawatakomaginu:20190519230804p:plain

全部OKにな~れ。


部品交換したけど、他に異常が出てる

結局、朝出勤してみたら

私が修理した個人用透析機は

前日と同じように

チャンバー異常が出ていたので

どうしようかな・・・と思った。

 

TORAYの機械は

ダブルチャンバー方式というので

透析液を動かしている。

そこが異常なのだから

透析液の機械の中での循環に影響があるかもしれない。

 

 

もともと、部品交換をしたきっかけの

陰圧開放弁の診断は通るのだけれど

チャンバーの診断が通らない。

 

それどころか、液圧異常が出る。

水洗の時は出なかったのに

液置換ができない。

 

どうしたものか・・・

昨日やったことが、無駄になってしまったのか。

 

そしたら、透析室の主任が

「液圧センサーはしっかり止めてはいけないんだよ。」

と教えてくれた。

 

そういえば、

メーカの研修でも

液圧センサーをとめる時に

ネジをぎゅーって締めると

液圧異常が出るといっていた。

 

・・・というわけで、

後ろを開けて

ネジを緩めて、

再度チャレンジ。

 

忙しいけど、時間を捻出・・・。

この日は

心臓血管外科の心臓手術。

大動脈弁置換術があった次の日で

その患者さんの病棟透析があって

あんまり余裕がなかった。

でも、

CHDFを早めに準備して

透析が始まる前までの時間で

もう一度

やってみた。

 

液圧センサーは

優しく取り付けないと異常が出るのは常識らしい。

ん~・・・

液圧異常はでないけれど

やっぱ、液が来ない。

液圧センサはキツく止めないことは

重要らしい。

メーカさんも

異常がないのに

なぜか機械が動かない、という時は

液圧センサーに問題があることが多い、と言っていたから

知らないとやってしまう

初心者にありがちなんだろう、と思う。

 

 

いじくったことが失敗。

これは・・・・

帰る間近にいじくった

減圧弁のせいかもしれない。

テキストには

減圧弁を通ったあとの圧力の適正値は

受入中0.020MPa

受入完了で0.025~0.030MPa

って書いてあるのだけど

この通りにしたから、

液圧が足らなくなって

チャンバ異常が起こったのではないか、と思った。

私のせいだ。

 

というのも~、

個人用透析装置は

圧力を高めにしなくてはいけない、というのを思い出したからだ。

 

うん、それに

思い返せば

部品を交換したあとも

陰圧開放弁は診断がNGのままだった。

でも、最終的には陰圧開放弁の診断は

OKにして帰った。

 

では、

陰圧開放弁の診断をOKにしたもの・・・

それは何なのか。

減圧弁後の圧力を弱めたことによって

規定の圧力を下回らせることができた、

それだけのことなのかな。

 

 

とりあえず、チャンバ異常を解除しよう。

よ~く観察していると

陰圧開放弁の自己診断は

最終の陽圧が100mmHgを下回ると

OKになるっぽい。

 

じゃあ、チャンバ異常をどうすれば

解決できるのか。

 

減圧弁後の圧力をもとに戻せば、戻るはず。

 

調整前の圧力0.05MPaに。

 

規定は

受入中0.020MPa

受入完了で0.025~0.030MPa

 

個人透析機は高めでいいのだって・・・。

 

減圧弁のネジをいじくって

元々の圧0.05MPaに戻した直後。

HCUから連絡が来てしまった。

自己診断をかけて離脱。

 

CHDFをはじめる時間が来てしまった。

CHDFをはじめるよ。

重症だけど、いざCHDF

その後、

どうしようか考えながら、

心臓手術後の

透析患者の透析をはじめる時間になってしまった。

 

とりあえず、透析をはじめて

経過が落ち着くまで

様子をみてた。

鎮静中で

人工呼吸装着中で

スワンガンツカテーテル装着中。

シャントに針を刺して

CHDFを始めた。

術後で5kgくらいは点滴やら何やらで

うんとこさ入っているけれど

ほとんどは、細胞の中に入っていて

血管の中に戻ってきていない状態なので

5kg入っていても

血圧は110前後(収縮期圧)。

2時間くらいすると

だんだん血圧が上がってくるから、除水をかけていく。

 

それまでは、除水をまったくかけないか

少しだけかけるくらい。

落ち着いてしまうと

そんなに血圧が落ちることはない。

細胞から水分が

血管内に戻ってくるから

逆に上がりすぎるくらい・・・。

 

動脈に直接針を刺して

動脈圧で

血圧を見るのだけれども

150くらいまで

上がってしまうこともある。

あとは、鎮静の掛かりぐらいかな。

鎮静がかかっていても

少しでも覚醒してくると

その影響で血圧が上がってきたりする。

f:id:yawatakomaginu:20190519211705p:plain

 

Aライン確保の目的、手順、手技・観察のポイント | 看護に役立つ【ナース専科プラス】

より引用。

 

そうそう、これ。

こんなやつが入っていて

ずっと、波形で血圧が見られる。

これには、キルヒホッフの法則を利用しているのだけど

これに触れることに特に意味はない。

言いたかっただけ。

 

 

機械が気になる。

だいぶ落ち着いて

担当の看護師さんに

「少しだけ行ったり来たりするんで

なんかあったらPHSに連絡をください。

10秒以内に来るので。」

と言って

ひとつ下の階の透析室といったりきたりすることにした。

 

CHDFを回している最中に考えた。

何が悪いのか。

 

そういえば・・・~推察。

透析室に戻ってみたら

自己診断で

チャンバ異常は治っていた。

 

やっぱり、圧が足りなかったんだ。

そういえば、減圧弁のネジのところに

青いジェルみたいなので

動かないようにしてあったな~・・・

動かさないのが普通なんだろうか。

そして、いじくった私は悪い子だ。

 

そして、陰圧開放弁はNG。

部品交換する前に

戻ってきた。

 

透析室のスタッフに相談しても

だ~れも、わかんないでやんの。

分からないのか。

このままじゃ、使えない。

 

でも・・・でも。でも、でも、でも・・・・・・・・・でも!

ちょっと待てよ?

 

減圧弁のネジをいじって

圧を上げると

陰圧開放弁がNG。

圧が下がりきらないから。

 

かといって

圧を下げると

チャンバー異常か。

 

これは、この真ん中の圧にすれば

大丈夫なんじゃないか?

 

試しにやってみよう。

試しにやってみようと思って

機械のところに何度目かに戻ってきた時に

看護師さんが話をしているのを聞いてしまった

「ねえ、助けてあげないと一人で対応なんて無理なんじゃない?

 きっと、できないよ。」

ん~、気にしない気にしない。

 

実際に圧力計を

減圧弁の後につなげて

水洗状態へ移行。

 

そんでもって、減圧弁のネジをいじくって

自己診断をかけつつ

両方が通る圧力を探してみた。

 

0.05MPaから0.04MPaに下げただけだと

チャンバはOKになるけど

陰圧開放弁の圧は下がりきらないみたい。

 

結構、シビアな調整が必要なのだなと思った。

なんとかかんとか、ボタン操作と

ネジ操作。

ひとつのことしかできない人なのに

二つのことをやっている。

いや、

ひとつのことをやろうとして

二つのことをやっているのか。

 

そして、大丈夫な圧力は

受け入れ中の圧力が

だいたい0.035MPaをわずかに上回るかな、

というところ。

 

できた、できた。

ここなら大丈夫。

そう思った私は、

ネジをそこで固定して、圧力計を外した。

 

何度、自己診断をかけても

NGになることはなかった。

 

うん、できたできた。

全部片付けて、自動洗浄をかけて

HCUへ戻った。

 

そもそも、これって

減圧弁を触らなかったら

対応できていないのではないのかな。

 

結局は

どこも壊れてなかったのかもしれない。

ちょっと圧が高まったから、

陰圧開放弁が圧力を逃がせなくて

NGになってしまったんじゃないのかな。

 

終わってみると

そんな気さえする。

f:id:yawatakomaginu:20190519231112p:plain


次の日、透析室のスタッフが

透析液を使って

動作チェックをしていた。

 

私にやらせてくれるなら

除水ポンプの吐出量チェックも

脱気ポンプの圧力チェックも

まとめて、やってしまいたかったのに。

 

そこは、

私に声をかけて欲しい。

・・・というか、

治したあとの、ほかの透析室のスタッフの

表情が優れなかったのは

なぜだろう。

 

 

 

 

 

生菌が出てしまったけれど、これが原因かな。

この前

個人用透析装置の

生菌培養をしたら

菌が出てしまった。

再計測したけれど

また、出てしまった。

しかも、2台。

 

更に、良くないのは

この前入ったばかりの

新しい個人用透析装置ででてしまった。

 

透析室の主任(管理者)に

菌が出ているのですけれど

何か対策をしますか?

洗浄消毒を何か、工夫しますか?

と聞いてみたところ、

透析室の他のスタッフにとらせる、と言われた。

 

まあ、確かに採水の仕方に問題があったのかもしれない。

けれども、

でてきた菌は

2台で別々の菌。

手の菌が出てしまったのなら、

同じような菌じゃないのかな。

 

同じといっても

片方は黄色ブドウ球菌っぽい黄色のコロニーで

もう片方は透明なコロニーだったのでそう思っただけなのだけども。

 

再測定しても

同じようなのが

同じように出てきた。

考えづらくないかな。

でも、1週間後ということだから

来週が結果を見る日。

どうなってるかな。

      ・・・・・・・・・・・・・

 

今週の火曜日の話。

個人用透析装置の

原液吸入ラインの棒を納めるところに

黒いものが見えた。

 

f:id:yawatakomaginu:20190517004142p:plain

f:id:yawatakomaginu:20190517004259p:plain

なんだかわかりにくいけれど

なんとなく

黒いものがいる。

赤い色で囲まれた穴の内側。

白いところ。

 

f:id:yawatakomaginu:20190517004700p:plain

個人用透析装置 TR-3300S | 東レ・メディカル株式会社

より引用。

 

TORAYのところから引っ張ってくると・・・

こんな感じの機械。

透析液を吸い込むノズルを収容しておく穴で

蓋も閉められるのだけど

 なぜか、カビが生えてしまった。

 

今回、生菌が出てしまったところの収容口でも

カビがこびりついてるのが

観察できた。

 

これって、使い終わったら

拭いておけばいいだけなのでは。

 

それを行っていくことをすれば

ひょっとしたら生菌はでなくなるかも?

 

 

 

 

アシタマニアーナ。明日間に合わなそうだけれども、DCAとCTOと陰圧開放弁に苦しんだから、もう帰るよ。帰ろ~。

 

f:id:yawatakomaginu:20190516005645p:plain

今日は疲れた。

朝から個人用透析装置の

自己診断が通らなくて・・・

 

でも、これはいい機会だと思って

手を出してみた。

陰圧開放弁がうまく動かないらしい。

 

電磁弁を交換しようと思ったけれど

パーツがなかったので

ダイアフラムだけ交換してみた。

 

交換してみたけど

自己診断は通らなかった。

なので、モジュールごと交換したらどうだろう、と

透析室のスタッフから提案されて

全部いっぺんに変えてみた。

 

f:id:yawatakomaginu:20190515232557p:plain

f:id:yawatakomaginu:20190515232635p:plain

この写真の銀色のところが

電磁弁。

二法電磁弁という名前なのだけれど

これが、4つ集まって

モジュールとかいうふうに呼ばれている。

 

はじめにダイアフラムという部品を替えたのは

このモジュールのうちの一つの電磁弁を分解して

かえたって事ね。

 

だけど、このモジュール

外すのに本当に苦労した。

たくさんの管がつながっているし、

手が入らない。

どこからどうやんのさ。

 

午前9時半から手をつけて、

あっという間に、10時半。

 

トモセラピー前後のペースメーカチェックに呼ばれて

仕事を片付けてから

また戻ってきて、作業を続けていたのだけど・・・

 

お腹がすいた~。

 

12時付近で一旦休憩して

昼食を摂った。

昼食後、一休み、ひと休み・・・と思っていたのも束の間。

 

もう、心臓カテーテルが始まるまで時間がなかった。

先生の都合で時間が早まったこともあって

お昼すぎから

心臓カテーテル室へ。

 

今日は、腎移植があって

心臓の手術があって

ダ・ヴィンチのロボット支援手術があって

人がいないのだよ。

 

心臓カテーテルは、検査ではなく

すべて治療。

すべて・・・っていうけど、2件だけよ。

DCAという治療と

OCTの治療。

慢性完全閉塞病変(Chronic Total Occlusion)は3カ月以上(慢性)にわたり、冠動脈が閉塞している病変です。CTOに対する経皮的冠動脈形成術(PCI)は、冠動脈造影のみでは血管走行を完全に把握する事が困難であるため、手技を行う医師の熟練した技術および適切な判断力が成功には不可欠な手技と言えます。最近では、冠動脈CTの使用、薬剤溶出性ステントの留置および側副血行路を経由しての逆行性アプローチ技術の標準化に伴い、成功率および慢性期の成績も向上しています。

慢性完全閉塞病変 CTO - 慶應義塾大学医学部 循環器内科 心臓カテーテル室

より引用。

 

DCA (冠動脈粥腫切除術)

冠動脈のプラークを鉋のように削り取るデバイスで、特に偏心性に多量のプラークを有する病変に対して、病変部のプラーク量を減らす目的で使用します。また、分岐部病変においてステント留置による側枝の狭窄や閉塞窄を防ぐのにも有効であると考えられています。

ç»åï¼DCA (å åèç²¥è«åé¤è¡)

https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/junkan/

順天堂大学医学部付属順天堂院 循環器ホームページ

https://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/junkan/patient/catheter/pci.html

順天堂大学医学部付属順天堂院 循環器ホームページ 患者さんへ 

経皮的インターベンション(PCI)より引用。

 

結論から言って

DCAの方が長かった~。

今日の心臓カテーテル

外部からの先生を呼んでやった。

 

私の仕事は

患者さんが入室してきた時のモニタの装着と

ポリグラフ操作

IVUS操作

外回り・・・相変わらずです。

 

だいたいそれくらいしかやらな~い。

術野は入らんし。

だけど、だいぶ長い時間がかかった。

どっからどう考えたって

始まる前から長そう。

誰か変わってくれないかな~とか思いながら

誰も変わってくれることなく

終わった。

 

 

午後13時ころから始まって

7時頃(19時)に終わった。

血管内超音波 IVUS

 血管内超音波検査(IVUS)は超音波を用いて血管内部の断層画像をリアルタイムで見る事 が出来る検査です。一般的には経皮的冠動脈形成術(PCI)を施行する際に行われ、手技をより安全に確実におこなうためには欠かせない検査となっています。検査を通じて得られる血管内の情報は病態の把握や治療方針の決定に重要な役割を果たしています。具体的には径1mm弱の超音波送受信装置が先端に搭載された細いカテーテルを血管内に挿入することで血管内の情報が得られるというもので、手技に要する時間は短時間です。

血管内超音波 IVUS 光干渉断層法 OCT - 慶應義塾大学医学部 循環器内科 心臓カテーテル室より引用。

 

心臓カテーテルが終わったあと

帰ろうにも帰れないわけだ。

残りの透析の修理を終わらせないと・・・

 

さっさと閉めて

自己診断と洗浄を終わらせて帰ろ~って思ったけれど

なかなか、うまくいかなかった。

 

管の通し方が間違ってた。

組み直しをして

自己診断・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うん・・・?

嘘だ~~~~

なんで、修理したところが

また、自己診断で引っかかるんだ。

 

納得できず、

何度か自己診断を繰り返し・・・

 

陰圧開放弁は排液ラインが関係しているのか。

モジュールの継手もか。

どっか詰まってないかな。

いろいろ配管図の関係性を探して

いじくってみた。

 

頑張った結果

自己診断で

陰圧開放弁の診断が

通るようになった。

 

それでも、腑に落ちない現象が。

チャンバー膜が

通らない・・・。

確かに、錆びてる部品もあるし

膜も替えてないのだろうから

きっと、劣化は本当なんでしょう。

 

けれど

 

これは、もういいか。

明日やろう。

 

これをやったら、10時過ぎちゃう。

眠いし、疲れたし。

明日は心臓血管外科の手術後の

CHDFだから

また、長いし・・・・。

 

明日、そう明日だ。

アシタマニアーナ。

 

なんていい言葉なんだろう。

 

ヨーロッパで根付いた言葉だというけれど

これは絶対

日本人が1枚かんでるよね。

 

きっと、ウホウホしている時期に

スペインに渡ったんじゃないだろうか。

 

当時

食糧危機で

日本から、海へ繰り出していた記録もあるらしいので

アシタマニアーナは

日本語から行ったのだと私は思ってる。

流石だな、ウホザえもん。

そんな名前の人はいないだろうけど

もし、そんな時代に行った人が

作った言葉だったら、

そんな名前の可能性もある・・・ないか。

 

そんなことより・・・

明日間に合わなそうだけれど

アシタマニアーナ

アシタマニアーナ。

 

帰るよ~。

帰ってブログ書いてたら、世話ないけど。

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪ ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!