ダブルライセンス ペースメーカも人工透析も医療は黒く輝

色々あったことを、書きまとめる・・・とりとめのないブログです。 医療従事者には役に立つ・・・ことはないかもしれません・・・。 立つかもしれません。 看護専門学校→看護師→透析病院→臨床工学技士専門学校→臨床工学技士→元の透析病院(看護師として)→今の病院(臨床工学技士 として。)

2019年 保険点数改正 解説   透析液水質加算について

クリックお願いします にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村

同じく引用↓   平成30年度診療報酬改定の概要  医科Ⅱ

透析液の水質確保に関する評価について、現行の透析液水質確保加算1の施設基準を人工腎
臓の算定要件とするとともに、評価の見直しを行う。
現行
【人工腎臓】
透析液水質確保加算1  8点
透析液水質確保加算2  20点

[施設基準]
① 月1回以上水質確保を実施し、関連学会から示されてい
る基準を満たした血液透析濾過用の置換液を作製し、使
用していること
② 透析機器安全管理委員会を設置し、その責任者として専
任の医師又は専任の臨床工学技士が1名以上配置され
ていること


改定後
【人工腎臓】
(削除) (人工腎臓の算定要件とする※ )
(改)透析液水質確保加算 10点

[施設基準]
① 関連学会から示されている基準に基づき、水質管理が適切に実
施されていること
② 透析機器安全管理委員会を設置し、その責任者として専任の医
師又は専任の臨床工学技士が1名以上配置されていること
(ただし、「場合3」においては、原則として、①及び②を満たすこと。)

引用ここまで→
f:id:yawatakomaginu:20190101184042j:plain




関連学会から示されてる基準とは・・・

引用↓  2016 年版 透析液水質基準  日本透析医学会

1‒1.生物学的汚染基準の到達点
・透析用水
    生菌数 100 CFU/mL 未満
    ET 0.050 EU/mL 未満
・標準透析液(standard dialysis fluid)
    生菌数 100 CFU/mL 未満
    ET 0.050 EU/mL 未満
・超純粋透析液(ultra‒pure dialysis fluid)
    生菌数 0.1 CFU/mL 未満
    ET 0.001 EU/mL 未満(測定感度未満)
ここまで→
f:id:yawatakomaginu:20190101184001j:plain

これは・・・減額ですかね。
もともとの透析液水質確保加算1と2は、2の方が厳しくて、点数が高かったのが・・・
透析液水質加算2の条件は当たり前でしょって話になったっぽい。
透析液水質確保加算1は水質守れていないところ用の点数ってところなのかな。

当たり前すぎるのか・・・全然ほかにも載ってないの・・・。

エンドトキシン=ETは出ないのが当たり前でしょ、ってところですね。
生菌は培養で出すんですけど・・・とったのを、しばらく置いておくんです。
フィルターに透析液を流して・・・寒天を入れて、フタをして1週間置いておきます。なんか、菌が出なければO。


透析機器安全管理委員会を設置し、その責任者として専任の医
師又は専任の臨床工学技士が1名以上配置されていること・・・ってところが、今は私の名前になってます。

ブロトピ:はてなブログの更新報告♪ ブロトピ:今日のブログ更新 ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!